家の防犯対策として最適|警備会社を選ぶポイントとは

男の人

警備員が駆け付けます

ガードマン

自動で異常が通報されます

自分の命や財産を守るために、ホームセキュリティを導入する家庭が増加しています。ホームセキュリティは、赤外線や熱感知を利用した防犯センサーなどの機械警備を中心にしたシステムです。防犯センサーが異常を感知した場合には、警備会社に通報が行き警備員が派遣されます。空き巣や強盗などのほか、火災等が発生した場合にも、警備会社から警備員が駆け付けてくれます。警察官や消防車が出動する際には、110番や119番に通報する必要がありますが、ホームセキュリティでは自動的に異常が警備会社に通報されることになりますので、迅速な対応が可能となります。警備会社のホームセキュリティシステムを利用する際には、警備システムの設置費用と毎月の警備料金が発生します。警備会社を選ぶ際には、警備員の現場への到着時間が重要なポイントとなります。警備員の待機場所の位置を事前に確認して、自宅までの到着時間を確認しておく必要があります。また、警備会社の中には、自動車等で警備員を巡回させている会社もあります。警備会社の警備員には犯人逮捕の権限等はありませんが、空き巣や強盗等には一定の抑止力はあります。また、警備会社のホームセキュリティシステムの有無を知らせるステッカーを自宅のドアや外壁に掲示するだけでも一定の防犯効果があります。警備会社のホームセキュリティに任せきりにせずに、ドアのカギを二重にしたり、外出の際に戸締りを確認したり、窓を二重サッシにするなどの防犯対策を講じることも重要です。